突発性難聴の原因と具体的な症状

 

突発性難聴はその名のとおり、ある日突然片方の耳が聞こえにくくなるという病気です。年間3万人以上もの人が発症おり、近年増加傾向にあります。いまだはっきりとした原因がわかっておらず、治療法も確立されていないのが実情です。

 

現在その原因として有力とされているのは、次の二つの説です。

 

まず、一度完治すると再び発症することがないことや、発症する直前に風邪にかかっていた人が多いことから、ウイルスの感染が原因という説です。もう一つは、血管拡張剤が有効であることから血流が悪くなるために起こるという循環障害説というものです。しかし、どちらにも今のところ確証はなく、そのメカニズムは解明されていません。

 

このほかわかっていることは、心的・肉体的ストレス、疲れなどがあるときに発症しやすいということです。

 

また、片耳が聞こえにくくなるという以外に、耳鳴りやめまい、吐き気といった症状を伴うこともあります。また、まれにですが両方の耳が同時に聞こえにくくなる場合もあります。

突発性難聴はとにかく早めの受診が重要

突発性難聴は早期治療が大変重要になります。

 

受診は症状があらわれてから2日以内が望ましいですが、遅くても2週間以内には診察を受けたいところです。これは、治療の開始が遅れると聴力が戻りにくくなるためです。突発性難聴の初期症状には耳鳴りが多く報告されています。

 

また耳鳴りも耳の閉塞感も、両耳ではなく片方の場合が多いのも突発性難聴の初期症状の特徴の一つです。片側だけ耳鳴りがする、耳が詰まった感じがする、また、めまいや吐き気があるといった違和感があれば、放置せず直ちに医療機関を受診しましょう。

 

治療は基本的には内服薬で副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)が用いられます。そのほか血管拡張薬、ビタミン薬などを合わせて使用します。副腎皮質ホルモン薬は1〜2週間程度継続して服用する必要がありますが、勝手な判断で服用をやめるとかえって悪化する恐れがあり危険です。必ずお医者さんの指示に従って使用しましょう。

突発性難聴が難病とされている理由とその予防法

先に触れたように早期に治療することが重要な病気ですが、残念ながら早期かつ適切に治療を行えば必ず治るというわけではありません。完治するのは全体の約3分の1程度で、残りの3分の2は聴力が改善しないか耳鳴りなどの後遺症が残るといわれています。難聴の程度が軽い場合や年齢が若い人などは比較的完治する確率が高いようです。

 

原因が不明であるため、明確な予防法というものもまだ確立されていません。

 

しかし、内耳の循環障害が原因の一つと考えられていることから、血流が悪くなるような行為を避けることが予防につながるといえます。「血液の循環が悪くなる行為」とは具体的に、偏った食生活や睡眠不足、喫煙、飲酒などがあげられます。

 

ウイルスによる説から考えても、抵抗力をつけることが予防につながるため、生活習慣の見直しが今のところ一番の予防法といえそうです。また、過労やストレスによる関わりも大きいですから、適度な休息や気分転換をこころがけるようにしましょう。